お酒に強いか、弱いかの基準って、何かあるのでしょうか。

あいつはビール何杯でも飲めるけど日本酒は全然駄目とか、私はビールも焼酎もだめとか、人によってお酒の好みや飲む量が変わってくるので、一概にこういう基準でお酒が強いとか弱いとか診断できないですよね。

 

そうなんです、結局のところ、飲めるお酒の量や酔い方って、お酒を飲んできた経験の数や、飲んでいる時間間隔やその時の食事、その人の体調など様々な要因で毎回変わってしまうので、お酒をどれだけ飲めるかで強い、弱いを判別するのは、大体の目安くらいにしかなりません。

では、正確に知るにはどうすればいいのでしょう?

 

はい、「知らなくても良いのでは?」という意見もあるかも知れませんね。

それも一理ありますが、本来の自分の体質を知らずして、無理して飲んで体調壊したり病気になったり、逆に体調に気を使い過ぎて楽しめなかったり、そんな状態では、なんだかもったいないですよね。

 

そう考えると、自分はお酒が強いのか、弱いのかを正しく知ることは、実は大変意義深いことなんです。

 

実は酒が弱いかも?強弱の唯一絶対の基準は酵素

お酒の強い弱いを正しく診断する基準は何か。

実は、基準となるのは、あなたの肝臓に備わっているALDH2(2型アルデヒド脱水素酵素)という酵素の状態なんです。

 

このALDH2という酵素は、アルコールが体内で分解される際に発生する有害物質アセトアルデヒドを分解してくれるのですが、残念なことに、人によって活性(化学反応の起こしやすさ)が弱かったり、活性が完全に止まっていたりする場合があるのです。

当然、正常な活性でない場合は、アセトアルデヒドが貯まりやすく、違いとして表面に現れてくるのが「お酒に弱い体質」ということ。

 

そして、この酵素の活性は、実は遺伝子によって異なるため、我々は両親から、お酒に「強い」「弱い」を受け継いでいるという訳です。

 

 

実は酒が弱いかも?どうやって診断するか

さて、このお酒が強いのか弱いのかを決める唯一の基準である酵素の状態は、どうやって知ることができるのでしょう?

方法は2つあります。

 

一つは簡単な方法だが正確ではない方法、もう一つは、正確にわかる方法だがお金と時間がかかる方法。

詳しく説明します。

 

エタノールパッチテスト

お酒に強いか弱いかが簡単に早くわかる方法です。

  1. パッチテープ(薬剤のついていないガーゼ付きのバンソウコウ)に、市販の消毒用アルコール(70%)を2~3滴しみ込ませます。
  2. 1のテープを上腕の内側に貼ります。
  3. 7分後にテープをはがし、はがした直後(5秒以内)に、ガーゼがあたっていた部分の肌の色を確認します。
  4. さらに10分後にもう一度肌の色を確認します。

 

判定は…以下となります。

  • Check1:肌が、はがした直後に赤くなっている。
     →ALDH2不活性型(お酒が飲めない体質)
  • Check2:はがした直後は赤くなっていなかったが、10分後に肌が赤くなっている。
     →ALDH2低活性型(お酒に弱い体質)
  • Check3:肌の色に変化がない。
     →ALDH2活性型(お酒に強い体質)

 

注意点:毎日お酒を飲む人や、個人の体質や体調によっては、正しい結果が出ない場合があります。

 

アルコール感受性遺伝子検査

こちらは、お酒に強いか弱いかが正確にわかるのですが、ある程度時間がかかる方法です。

アルコール感受性遺伝子検査を受けると、検査結果としてアルコールを摂取した場合の体の反応性(いわゆる、お酒に強い・弱い・お酒を受け付けない)がわかります。

 

パッチテストに比べて正確に知ることができるのが遺伝子型検査なのですが、検査結果を得るまでにだいたい2週間ほどかかります。

時間とお金はかかりますが、自分の体質を正確に知ることによって、体に合わない飲み方を正しい方向に修正することができるので、管理人としてはこちらをおすすめします。

 

急がば回れじゃないですが、これからの長い人生を、健康を崩すことなく、じっくりとお酒を楽しみたいじゃないですか。

たった一度だけ、自分の体質を正確に調べてしまえば、これからの長いお酒人生においてプラスしかないですよね。

 

例えば、遺伝子レベルで正確に自分の体質がわかっていれば、過信してうっかり飲み過ぎることは激減するでしょうし、他人に飲酒を無理強いされても遺伝子的に自分にあった飲み方があることをキッパリと宣言できるわけです。

なので、少々お金と時間はかかりますが、長い人生を考えればお釣りがくるわけです。

 

しかも、私が実際にやってみた検査キットは、検査の方法も簡単で、付属の綿棒をつかって口の中の粘膜を採取して郵送するだけなので、特に面倒なことや身体的に痛い思いをすることなどは一切ありませんでした

私がおすすめする遺伝子検査を紹介しますので、正確な自分の体質を知って、かしこくスマートなお酒ライフをぜひ手に入れてくださいね!

 

管理人がおすすめする「アルコール感受性遺伝子分析キット」公式ページはこちらをクリック

自分自身の正確な情報をGETして、誰よりも賢く楽しいお酒ライフを!

 

まとめ

お酒が強い、弱いを決める基準は、自分の体内にある酵素の状態。

この酵素の状態を知るための2つの方法があります。

  • エタノールパッチテスト
  • アルコール感受性遺伝子検査

 

前者は、簡単な方法だが正確ではない方法、後者は、正確にわかる方法だがお金と時間がかかる方法。

日常の健康管理の観点から、自らの体質を理解することの重要性を知って、楽しいお酒ライフを送りましょう!

 

以下をクリックして、あなたのお酒ライフをガラッと変えて充実させる!

 

 

↓よろしければ、こちらのクリックにご協力をお願いいたします。


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村