「気持ち悪い・・・。もう酒は飲まないほうがいいのかな・・・」

「自分だけ蚊帳の外・・・。皆と一緒に盛り上がりたいのに、疎外感がハンパない・・・」

「最悪だ、悪酔いして失態・・・。あの人とせっかく食事ができたのに・・・」

大人になると、嫌でもつきあいが必要になるのがお酒の席。

人が集まるところに酒あり、逆に、酒があるところに人が集まるとも言えるでしょう。

 

相手と深く理解しあい、親密な関係を構築したり、コミュニティを活発にしたいと思ったとき、大人の世界ではお酒がそのチケットになることが本当に多い。

 

   

そうなんです、そんなときのお酒は、人と人との間を取り持ってくれるとっておきの「潤滑油」なのです。

だから、このお酒の席をいかに有意義にできるかによって、人生の豊かさが決まると言っても過言ではなく、別の視点から言えば、お酒の席でどう振る舞うかによって、あなたの周りからの評価も決まってしまうとも言えるのです。

 

そう考えると、もしあなたが自分に合わないお酒との付き合い方をしているなら、大切な時間と本来のあなたの評価を繰り返しドブに捨てていると言えるのかもしれません・・・

 

お酒を飲んだときの失敗を振り返る・状況分析

ここで、お酒を飲んだときの失敗を振り返り、状況を分析することによってお酒の席を有意義な時間にする方法を考えてみましょう。

まずは、飲み会の始めから終わりまでの風景をちょっと思い出してみてください。

 

飲み始めてから最初の1~2時間くらいが一番盛り上がって和気あいあいと楽しい雰囲気ではないでしょうか。

この時間帯は、皆の緊張がほぐれて会話も多く、楽しんでいるように見えます。

 

その後、段々と態度や振る舞いに個人差が出てきます。

やたら声が大きかったり、はしゃぎ過ぎたり、怒ったり、泣いたりする人が現れ、時間の経過と共に、ろれつが回っていなかったり、足元がふらつく人も・・・

 

さらに飲んでいると、頭が痛くなったり、気持ち悪くなったり、吐いてしまったりと体調が悪化する人も見られます。

一方で、開始早々、一口飲んだらすぐに顔が赤くなる、動悸がする、頭痛がするなどで体調が悪くなるという人も確実に存在します。

 

お酒の失敗3パターン

振り返った内容から、お酒の失敗といえる状況を分類してみると、大きく3つのパターン分けが可能であることが見えてきました。

1 理性面の悪化 気が大きくなる、度を越して笑ったり泣いたり怒ったりと感情が制御できない
2 動作面の悪化 ろれつがまわらない、足元がふらつく、まっすぐ歩けない、眠気が襲う、眠ってしまうなど
3 体調面の悪化 頭痛、気持ち悪くなる、動悸が激しい、吐き気がする、吐いてしまうなど

いかがですか?

「うん、確かに!」と思いませんか。

 

失敗したな~、楽しめなかったな~という飲み会の理由は、上記のパターンのどれか、もしくはこれらの組み合わせになっているはずです。

この3つの失敗パターンからのアプローチは、サイト運営者である私フミオのオリジナル。

 

しっかり覚えて、悪酔いを回避しましょう!

では、この明らかになった3つの失敗パターンにハマらないためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

その作戦をたてるため、次は、人がお酒に酔うメカニズムを探っていきましょう。

 

お酒に酔う仕組み

アルコールの影響

お酒、つまりアルコールが体に及ぼす影響について見ていきましょう。

先に結論をお伝えすると、驚くことに、異なる二つの影響があるんです。

 

1つ目は刺激効果といえるもので、アルコールの血中濃度が低いときの症状となります。

このとき人は、精神的にリラックスして不安が解消し会話が活発な状態となり、そこからアルコールの濃度が増えるにつれて、徐々に気持ちの抑制がきかない状態を作り出していきます。

アルコールの血中濃度が増えはじめると刺激効果は急激に高まりますが、やがてピークに達し、今度は逆に低くなっていきます。

さらに血中濃度が増していくと、今度は、もうひとつの影響となる鎮静効果が現れてきます。

 

こちらは、アルコールの血中濃度が増していくほど、運動機能を麻痺させ意識障害の原因になり、ろれつが回らない、まっすぐ歩けないといった運動機能の障害を引き起こします。

驚くことに同じアルコールという物質にもかかわらず、このように全く逆の影響をおよぼすわけです。

 

さて、この正反対の影響を生んでいる要因はわかりますよね。

そうです、説明の中にもあった血液中におけるアルコール濃度によって違いが生み出されます

以下のグラフをごらんください。

グラフ引用:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネット

 

確かに、先ほど振り返ったときの飲み会の様子とも一致します。

飲み始めは、活発で楽しく盛り上がる事が多く、それでも飲み続けている人の中には、やがて大声出してはしゃぎ始める人が出てきて、終盤は足元怪しかったり、眠ってしまう人も。

 

このような反応の変化は、血液中のアルコール濃度と関係しており、まとめると以下の表になります。

「酒は百薬の長」という言葉、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。

実際、少量のアルコールは循環器疾患の予防になったり、善玉コレステロールを増加させたりします。

 

そして、一般的に良い面としてお酒が愛されているのは、気持ちをリラックスさせたり会話を増やしたりする刺激効果があるからです。

先ほどコミュニケーションの”潤滑油”と表現したのが、まさにこれに当たるわけです。

 

一方で、問題となるのは、アルコールのおよぼす悪い面となる鎮静効果。

お酒を飲みすぎて、アルコール血中濃度が高まると、鎮静効果が強くなり小脳の機能が低下し、ろれつが回らない、まっすぐ歩けないといった運動機能の障害がみられるようになり、さらに濃度が高まると意識障害を起こしてしまいます。

 

アルコール血中濃度がどの程度で、良い面、悪い面の効果が現れるかは、個人のアルコールに対する感受性などによって異なります。

したがって、一概にこれくらい飲む分には、良い面だけしか出ない、これ以上飲むと悪い面が出てくる、などは決められないのです。

 

本文参考:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネット

アルコールと失敗パターンの関係

アルコールという物質が人におよぼす影響を明らかにしましたが、最初に分析した3つの失敗パターンのどれに当てはまるでしょうか。

アルコールが持つ刺激効果と鎮静効果は、それぞれちょうど2つのパターンに当てはまりそうですね。

 

一つ目、アルコールの刺激効果は、気が大きくなったり感情の抑制が利かない「理性面の悪化」パターンに。

二つ目、アルコールの鎮静効果は、ろれつが回らなくなったり運動機能に障害がでてくる「動作面の悪化」パターンに、それぞれ当てはまりますね。

 

なるほど、確かに飲み過ぎた人を思いだしてみると、ご機嫌な状態から感情の起伏が強めになった後で、口調や足元が怪しくなってきますよね。

さて、では3つあった失敗パターンの中で、残った一つである顔が赤くなったり、頭が痛くなったり、吐いたりしてしまう「体調面の悪化」パターンを引き起こす原因は、一体なんでしょう?

 

アルコールとは別の影響物質があるのでしょうか。

もう少し詳しく、お酒が体内でどのように吸収されたり、分解されるのかを一緒に見ていきましょう。

アルコールが体内で吸収・分解される仕組み

お酒に含まれるアルコールが体内でどのように変化していくかを説明します。

ざっくり4つのステップとなります。

ステップ1 小腸から肝臓へ

あなたが飲んだお酒に含まれるアルコールは、胃から20%、小腸から80%が吸収され、その大部分が肝臓へと運ばれます。

ステップ2 アルコールからアセトアルデヒドへ

肝臓内では、ADH(アルコール脱水素酵素)やMEOS(ミクロゾームエタノール酸化系)により分解され、アルコールはアセトアルデヒドへと分解されます。

アセトアルデヒドは毒性作用のある有害物質で、お酒を飲んだときに顔が赤くなったり、動悸や吐き気、頭痛を起こす原因となります。

肝臓で吸収されなかったアルコールは、血液と共に全身をめぐります。

ステップ3 アセトアルデヒドから酢酸へ

毒性のあるアセトアルデヒドは、代謝酵素のALDH2(2型アルデヒド脱水素酵素)の働きにより、人体に無害な酢酸(アセテート)に分解されます。

ステップ4 酢酸から水と炭酸ガスへ

酢酸は人体には無害で、血液によって全身を巡るうちに水と炭酸ガス(CO2)に分解され、最終的には尿、汗、呼気となって体外に排出されます。

 

体調悪化の原因はアセトアルデヒド

アルコールの吸収・分解の流れから、お酒の失敗パターンの「体調面の悪化」を引き起こす犯人がわかりましたね。

そうです、アルコールを分解する過程で「アセトアルデヒド」が生まれ、この物質に毒性があるため、体調面の悪化を引き起こしているのです。

 

このアセトアルデヒドが体内に蓄積されると、皮膚の紅潮、頭痛、嘔吐・吐き気、心拍数の増加など、ろくなことがありません。

ところでこの「体調面の悪化」ですが、お酒を飲んだときに問題となる状態が必ず出る人と、たまに出る人、まったく出ない人という感じで、その反応に差異がありますよね。

 

そうなのです、実は悪玉物質アセトアルデヒドを分解する能力には、個人差があるのです。

この悪玉物質を分解する能力の個人差については、このあと詳しく説明していきますね。

 

その前に、お酒の失敗を引き起こす原因をまとめてみましょう。

お酒の失敗を引き起こす原因まとめ

ここまで、お酒の失敗といえる問題の分析と、その要因を明らかにしてきました。

まずは簡単におさらいしましょう。

 

お酒の失敗を状況的に分析した結果から問題となるのは3つのパターンに分けられました。

それぞれ、

  • パターン1が「理性面の悪化」
  • パターン2が「動作面の悪化」
  • パターン3が「体調面の悪化」

でしたね。

 

このうち、「理性面の悪化」と「動作面の悪化」は、アルコールが要因で出現することがわかりました。

そして、お酒を飲む上で最も避けたい「体調面の悪化」を引き起こす原因は、アルコールの分解過程で生成されるアセトアルデヒドという毒性物質でした。

 

では、それぞれ対策について考えてみましょう。

 

アルコール要因の失敗を避けるには

1つ目のアルコール要因の失敗を避けるには、アルコールの血中濃度が上がりすぎないように調整することが必要なわけですが、どうすればよいでしょう。

一つは摂取するアルコール量をコントロールする、もう一つは体内のアルコール分解能力を高める、この二つに絞られます。

 

仮に後者のアルコール分解ができたとしても、その分解過程で生成されるアセトアルデヒドが、パターン3の「体調面の悪化」を引き起こしてしまいます。

アセトアルデヒドの分解に関しては、その能力に個人差があることがわかっています。

 

そうなると、一番確実にアルコールの血中濃度を抑えるためには、摂取するアルコールの量、つまりお酒を飲むペースを自分で管理する以外にはないということ。

無理に飲んだり飲ませたり、周りの空気に流されてイッキ飲みなどは、絶対に避けましょう。

 

自分が心地よいところで、お酒を控えたり、水やノンアルコールを間に挟むなどの工夫が必要ということですね。

 

アセトアルデヒド要因の失敗を避けるには

「体調面の悪化」については、これまでの経験上からも個人差が大きいことがわかります。

自分はすぐ顔が赤くなったり、飲むと調子が悪くなるけど、あの人は何杯飲んでも体調は変わっていないようだぞ、と。

 

体調面の悪化を引き起こすアセトアルデヒドを分解するのは、肝臓にある代謝酵素ALDH2であることは、先程の「アルコールが体内で吸収・分解される仕組み」の項で説明したとおりです。

つまり、この代謝酵素ALDH2の能力如何によって分解の強弱が決まってしまうことになります。

 

ということは、失敗を回避する最も有効な策は、アセトアルデヒドの分解能力を高めることが必須なわけです。

逆に言えば、このアセトアルデヒド分解能力が高い人が、お酒に強いタイプ、いわゆる酒豪と呼ばれる人の条件となるわけですね。

 

なぜ、分解能力が高い人と低い人の差ができるのでしょう。

このアセトアルデヒド分解酵素ALDH2の分解能力の差異について、以下で詳しく説明しますね。

 

お酒に強い弱いがある理由

一般的に言われる、お酒が強い弱いという差は、アセトアルデヒドを分解する能力の差ということはわかりました。

もう少し具体的にいえば、お酒が強いのか、弱いのか違いを決めているのは、肝臓にある代謝酵素ALDH2の働き次第ということ。

 

では、このALDH2がお酒の強弱にどのように影響しているのかを探ってみましょう。

お酒を飲んだときに発生する有害物質アセトアルデヒドは、体内のALDH2(2型アルデヒド脱水素酵素)によって分解されることは、先程お伝えしたとおり。

 

ところがこのALDH2は、人によって、活性(化学反応の起こしやすさ)が弱かったり、活性が完全に止まっていたりする場合があるのです。

具体的には、この酵素の働きは以下の3タイプに分かれることがわかっています。

  • 酵素が正常に働くタイプ(活性型)
  • 酵素の働きが弱いタイプ(低活性型)
  • 酵素がまったく活動しないタイプ(非活性(不活性)型)

 

一般的なお酒の強さは、この酵素の働きの違いで説明されるわけです。

酵素が正常に働く活性型タイプは、有害物質のアセトアルデヒドをどんどん分解してくれるので、お酒に強いタイプ。

 

酵素の働きが弱い低活性型タイプは、お酒がまったく飲めないわけではないが、アセトアルデヒドが体内に残りやすいのでお酒に弱いタイプ。

酵素が働いていない非活性型タイプは、アセトアルデヒドが分解されないため、すぐに体調悪化の症状があらわれる、お酒を受け付けないタイプで、いわゆる下戸と呼ばれるひと。

 

お酒が弱いタイプや下戸タイプは、有害物質のアセトアルデヒドがなかなか分解されないので、お酒が強い人よりも血液内の濃度があがりやすい。

要するに、失敗3つのパターンの「体調面の悪化」におちいりやすいというわけです。

 

そして、もう一つ重要なこととして、この酵素の活性タイプは、遺伝子によって決まります。

つまり、お酒に「強い」か「ほどほど」か「弱い」かを両親を通してご先祖さまから受け継いでいるのです。

 

ちなみに、日本人は約40%の人がこのALDH2の活性が弱い「低活性型」のため、お酒に弱い体質といわれています。

さらに約4%の人は「非活性型(不活性型)」と呼ばれ、ALDH2の働きが全くなく、お酒を飲めない体質なのです。

 

遺伝子型とアセトアルデヒド分解能力(強弱)の関係をまとめてみました

 

実際には、お酒に対する強さは、上記の遺伝による酵素の活性の違いの他に、体重差や男女差、年齢差などによっても異なります。

とはいえ、根本的な要因である自分のALDH2酵素の活性タイプがどのタイプなのかを知るには、どうすればよいでしょうか。

 

ちゃんと調べる方法はありますので、これからそれを見ていきましょう。

 

自分の体質を知る:遺伝子検査

まずは、アセトアルデヒド分解酵素ALDH2の活性タイプが正確にわかる方法について。

実は、アルコール感受性遺伝子検査を実施してくれるサービスがあります。

 

このサービスは、検査結果としてアルコールを摂取した場合の体の反応性(いわゆる、お酒に強い・弱い・お酒を受け付けない)がわかります。

この後で説明するパッチテストに比べて正確に知ることができるのが遺伝子型検査なのですが、費用が5〜6千円ほどかかることと、検査結果を得るまでにだいたい1、2週間ほどの時間がかかります。

 

お金と時間はかかりますが、自分の体質を正確に知ることによって、体に合わない飲み方を正しい方向に修正することができるので、サイト運営者としてはこちらをおすすめします。

急がば回れではないですが、これからの長い人生を、健康を崩すことなく、じっくりとお酒を楽しみたいじゃないですか。

 

たった一度だけ、自分の体質を正確に調べてしまえば、これからの長いお酒人生においてプラスしかないですよね。

例えば、遺伝子レベルで正確に自分の体質がわかっていれば、過信してうっかり飲み過ぎることは激減するでしょうし、他人に飲酒を無理強いされても遺伝子的に自分にあった飲み方があることをキッパリと宣言できるわけです。

 

なので、少々お金と時間はかかりますが、長い人生を考えれば余裕でお釣りがきます。

しかも、私が実際にやってみた検査キットは、検査の方法も簡単で、付属の綿棒をつかって口の中の粘膜を採取して郵送するだけなので、特に面倒なことや身体的に痛い思いをすることなどは一切ありません

 

私がおすすめする遺伝子検査を以下に紹介しますので、正確な自分の体質を知って、賢くスマートなお酒ライフをぜひ手に入れてください!

 

サイト運営者がおすすめする「アルコール感受性遺伝子分析キット」公式ページはこちらをクリック

 

自分の体質を知る:簡易テスト

こちらは、お酒に強いか弱いかが簡単に早くわかる方法です。

  1. パッチテープ(薬剤のついていないガーゼ付きのバンソウコウ)に、市販の消毒用アルコール(70%)を2~3滴しみ込ませます。
  2. 1のテープを上腕の内側に貼ります。
  3. 7分後にテープをはがし、はがした直後(5秒以内)に、ガーゼがあたっていた部分の肌の色を確認します。
  4. さらに10分後にもう一度肌の色を確認します。

 

判定は、以下となります。

  • Check1:肌が、はがした直後に赤くなっている。
     →ALDH2非活性型(お酒が飲めない体質)
  • Check2:はがした直後は赤くなっていなかったが、10分後に肌が赤くなっている。
     →ALDH2低活性型(お酒に弱い体質)
  • Check3:肌の色に変化がない。
     →ALDH2活性型(お酒に強い体質)

 

注意点として、毎日お酒を飲む人や、個人の体質や体調によっては、正しい結果が出ない場合があります。

 

参考:お酒飲めない人の体質・症状と分解酵素の関係!お酒の強弱診断はどうやる?

 

体質別のお酒の楽しみ方

遺伝子検査によって、アセトアルデヒド分解酵素ALDH2の活性状態から、あなたがお酒とどのようにつきあっていくべきかがわかってきます。

ALDH2活性型タイプ

あなたは、つい飲みすぎてしまう、いわゆる大酒飲みタイプ。

これ以上お酒に強くなる必要はないのでは?

 

お酒の失敗を避けるためにも、自分の適量を心がけましょう。

 

ALDH2低活性型タイプ

あなたは、お酒に弱いとはいえ、ほどほどに飲める人ですね。

飲酒による健康リスクが高いとも言えるでしょう。

 

一方で、お酒に強くなるということは、お酒で失敗しないことにも通じます。

この後で説明する3つの悪酔い防止策で、自分にあった適量に気をつけつつ、飲み会を安全に楽しく乗り切りましょう!

 

ただし、より積極的にお酒を味方につけたいのであれば、後述する下戸な人でも酒豪になる方法を確認してみてください。

下戸でもお酒に強くなる方法を今すぐ確認する人はこちらをクリックしてジャンプ

 

ALDH2非活性型タイプ

あなたは、お酒を受けつけない完全下戸と言えるタイプです。

体質的にアルコールが合わないため、無理して飲むことは避ける必要があります。

 

ただし、サイト運営者の私が紹介する方法で、下戸な人でも私を含めてお酒を楽しめるようになった方が数多くいます。

ぜひ、お酒で失敗しないための行動と合わせてこのまま読み進めてください。

 

下戸でもお酒に強くなる方法を今すぐ確認する人はこちらをクリックしてジャンプ

 

お酒で失敗しないためにとるべき行動3選

その1、空腹で飲み始めない!

これは、感覚的にもわかるかと思いますが、空きっ腹で飲むと飲み始めた瞬間からアルコールの吸収が始まってしまい、酔いやすくなります。

実は、アルコールの8割は小腸で吸収されて肝臓へと運ばれます。残りの2割は胃からとなります。

 

その小腸へ行く前には胃を通過しますが、食べ物が胃の中にある間は、胃の出口は閉まっています。

つまり、事前に食べておけば、その食物が消化されるまでの間はアルコールは胃の中で待機となり、小腸で吸収されるタイミングを遅くすることができるわけです。

 

その2、栄養素を意識しておつまみ食べる!

空腹で飲まないことと同様に、飲み会が始まって、お酒だけ飲んでいるのはアルコールとアセトアルデヒドの血中濃度を高くしてしまうことになります。

これでは、お酒で失敗する原因となる影響を増やしていくことになります。

 

アルコールもアセトアルデヒドも主に肝臓で分解されますから、これから紹介する肝臓を意識したおつまみを食べることによって、しっかりと悪酔いを防止しましょう!

 

たんぱく質が豊富な食べ物

枝豆や納豆など大豆類、焼き鳥などの肉類、刺し身などの魚、卵料理がおすすめ。

ご存知のとおり、アルコールを分解するのは肝臓ですが、その肝臓の機能を働かせるのに必要なのが上記の食物に含まれる「たんぱく質」というわけ。

タウリンが豊富な食べ物

タコやイカ、ホタテ、シジミといった魚介類がおすすめ。

アルコールの代謝に必要な酵素の作用を助けたり、胆汁の分泌促進、肝細胞の再生促進する作用があるのが「タウリン」だからです。

ビタミンやミネラルが豊富な食べ物

サラダやフルーツ類がおすすめ。

アルコールの代謝過程では、「ビタミン」や「ミネラル」が失われやすいので、どんどん補給しましょう。

脂肪分を多く含む食べ物

牛乳、チーズやナッツ、レーズンバターなどがおすすめ。

これら「脂肪分」を多く含む食べ物は、胃粘膜を保護してくれるので、アルコールで胃壁が荒れるのを防いでくれます。

 

その3、とにかく水を飲む!

お酒を飲むときは、十分な水分補給をすることが大事。

実は、尿が多く出ることにより脱水状態になりやすく、アセトアルデヒドの体内濃度も高くなり、それが頭痛やめまいなどを引き起こす原因となるのです。

 

これを防ぐ為に、飲酒時には十分な水分補給を絶対に忘れないようにしてください!

 

サイト運営者がオススメするお酒に強くなる方法

下戸でも、お酒が弱くても、お酒を楽しむことができる!!!

ここまで読んでいただいているあなたは、お酒が飲めない、お酒が苦手、お酒を受け付けない、そんな体質なのではないでしょうか。

そのようなあなたにサイト運営者の私がおすすめしたいのが、お酒を制限する方向で対応するのではなく、そもそも飲める体質になってしまう、という逆転の発想となる究極の方法です。

 

それは、「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意」を手に入れることです。

この極意を手に入れ、秘策を実行した後は、今まで敬遠していたお酒が、今度はあなたの人生を充実させるパートナーに逆転するのです。

 

例えば・・・

  • 職場の飲み会や取引先の接待で、皆と同じテンションでより親睦を深める
  • 気の置けない友人と盃を酌み交わしながらじっくり語らう
  • 気になる女性を雰囲気の良いバーに誘って親密度を深める
  • 彼女や奥さんとリラックスして晩酌、日頃の感謝を言葉にしてねぎらってあげる

 

・・・どのシチュエーションもお酒が普通に飲めれば、より一層充実した濃い時間を過ごせるものですよね。

でも、「たった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなる」とは、本当なんだろうか。

にわかには信じられないですよね。

 

よくわかりますよ、あなたの気持ち。

当然、私もすぐには信じられませんでしたから。

 

この”酒豪になる極意”は、坂上太一さんという我々と同じく酒がまったく飲めない体質の人が編み出した、例え遺伝的に下戸体質でもお酒が飲めてしまうようになる究極の方法。

ご紹介するリンク先を見てもらえばわかりますが、この人の探究心と信念、努力は並大抵のものではありません。

 

その強烈な探究心によって解き明かされた極意とは、お酒を飲む前に市販で手に入れられるあるものを服用することだけで実現してしまうというもの。

 

「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意」はこちらをクリック

 

たったそれだけとはいえ、それを見出すためには、血のにじむような苦労をされています。

当然タダという訳にはいきません。

 

あなただって、苦労に苦労を重ねて解き明かした秘密を、見ず知らずの人にただで配ったりしないですよね。

では、この極意を手に入れる代金はいくらかというと、24,800円(2019年8月現在)となります。

 

一瞬、高いと思いますよね。

実は私もそうでした。

 

ただ、よくよく考えてみてくださいね。

この極意知るだけで、人生が変わるんですよ。

 

これが例えば10万円以上となれば、さすがにじっくり悩んだほうが良いでしょう。

しかし、24,800円と言う数字が、あなたの長い人生でどれほどの影響があるでしょうか?

 

もちろん、決して安い金額だとは言えません。

しかし、24,800円が仮にあなたの財布から一時的になくなることで人生が破滅してしまうのか、というと、絶対にそんなことはないと思います。

 

それに、普通ならお酒の苦労や失敗が今後も死ぬまで続く運命だったのを、たった24,800円でチャラにできると考えたら、圧倒的に安いはず。

 むしろ「ちょっと高いかも」と思われるくらいの価格だからこそ、チャンスを目の前に決断できない中途半端な人間と、自分に投資して運命を変えることができるあなたとの差別化につながっていくわけです。

 

ここで決断して極意を手に入れるか・・・、見なかったことにして未来を変えないままでいるか・・・。

この選択で、今後あなたが歩む人生の道がはっきりと分かれ、その格差が広がっていくイメージがわかっていただけるでしょうか。

 

 確かに、一時的には手元から24,800円というお金は消えますが、以後、あなたがお酒を飲み続ける限りは一生使える極意を手に入れるわけです。

仮に、あなたが今30歳だとして、90歳まで生きるとしたら、あと60年間もお酒とつきあうことになりますよね。

 

となれば、365日×60年=21,900日も生きることになり、

 

24,800円÷21,900日=1.13円/日

 

つまり、一日たったの1円ちょっとで死ぬまで使える極意を手に入れるわけです。

別の考え方で言えば、人生のほんの3カ月だけ、たった3ヶ月だけ月8000円ほど趣味に使うお金を節約するだけ。

 

ちょっとした娯楽ですぐになくなってしまうくらいの額で一生分の価値。

であれば、今ここで24,800円を自分に投資をすることがいかにリスクなく、将来にわたって継続する大きな効果を及ぼすか、ここまでご覧になった賢明なあなたならば、ご理解いただけるかと思います。

 

ただ、そうはいっても、

  • 「どうしても一歩踏み出せない・・・」
  • 「自分には効果なかったらと思うと不安が・・・」
  • 「酒に強くなる噂を試してみたけど、結果がでなかったので・・・」

という不安も持つ方もいるかもしれません。

 

そんな不安な方も安心できるのが、全額返金保障がきちんと付いていること

はっきり言ってこれ以上の安心感はありませんよね。

 

全額返金保障がついているということは、逆に言えば、この「飲める体質に変える極意」に相当な自信と覚悟があるということ。

しかも、極意は使用期限があるわけではなく、これから先ずっとあなたはお酒で悩まなくてよい人生に。

 

「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意」はこちらをクリック

 

お酒が普通に飲めるあなたはどうなる?

お酒の席で今までは積極的になれなかったり、引け目を感じたりしたかもしれませんね。

でも、過去はもうどうでもいいんですよ、大事なのはこれからです!

 

この極意を知った後のあなたは・・・

職場のメンバーとの飲み会にて

今まで職場の親睦会、慰労会、送別会等を避けていたあなたが、これからは・・・。

  • メンバーたち一人ひとりと乾杯をしながら話に花を咲かせる
  • 今まで遠慮がちにソフトドリンクを注文していた自分が、好きな酒を堂々とした声で頼む

 

  • お酒を通した交流をきっかけに親密度を深める
  • 今まで蚊帳の外だったお酒の味わいに関する話題に自分の意見をぶつける

 

仕事を離れたプライベートにて

今まで、デートのクライマックスにお酒のあるシチュエーションを使えなかったあなたが、これからは・・・。

  • グラスを揺らしながら、想いを寄せる女性とじっくり語り合うことも!
  • その頬がほんのり赤くなってくる様子がとても魅力的であることを耳元で伝えることも!

 

  • 二人でグラスを重ねるとっておきの時間は、次はいつにしようかと約束を交わすことも!
  • お酒に飲まれない頼れるあなたであれば、今夜はずっと一緒にいたいと思わせることも!

 

お酒が飲めるあなたであれば、すべてが可能になるんです。

それを考えると、一生使えるこの極意にこの値段設定は断然安い。

 

この価値は、きっとあなたにもわかってもらえることでしょう。

さらにここだけの話をお伝えしておくと、現在の販売価格から今後値上げも検討しているとのこと。

 

過去の私と同じ悩みをもったあなたには、人生を変える重要な極意を、ぜひ値上げ前にゲットしていただきたい!

それでは以下のリンクを開き、自分の人生を変えるか、このまま同じ人生を続けるかを選択してみてください

 

「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意」はこちらをクリック

 

ちなみに、この極意を手に入れた私がどうなったか。

はい、この極意を購入した私は、すでに購入した他の方たちと同じように、人生が変わりました!

(購入すると極意が記載されたpdfファイルがダウンロードでき、書かれている極意を実践するだけです。)

 

例えば私の場合は、飲み会の雰囲気や食事メニューは好きなので、職場の飲み会などにはよく参加するものの、いつも最後は劣等感と気疲れが。

がんばってお酒飲もうと思っても選択肢は狭いし、どうしてもテンションがついていかなかったり、飲めない体質を理解できない無知で無遠慮な(攻撃的な)話を聞かされたり。

 

ところが、この極意を手に入れてからは、そんなことを気にする必要がまったくなくなり、吹っ切れたというか、純粋にお酒や交流を楽しめるように。

実際、職場の上司や仲間とのつながりが深まり、仕事の議論や、プライベートの話題も含めて職場での会話も格段に増えました。

 

私が一番良かったと思うのは、想いを寄せる女性にアプローチしたいとき

これまでは、一緒にお酒を飲む場面を想像して、心の奥に引っかかるネガティブな感情がありました。

 

この極意を手に入れてからは、吹っ切れたというか、自信を持って会話ができるように。

実際、デートでお酒を飲む場面でも楽しく過ごせますし、心に余裕ができるせいか、親密になれる確率が格段にあがりました。

 

この極意に出会うまでは、出世できないかも、飲み会で気疲れする、また割り勘で損した、デートが失敗するかも・・・そんな悩みにどれだけ無駄な時間を費やしてしまったんだろう。

正直なところ「早くこの極意を手に入れておけば」と後悔してしまいました。

 

そして、これまでの遅れを取り返す勢いで、我ながら今はお酒の席を楽しんでいます。

ですから、かつての私と同じように、お酒が飲めない体質で悩んでいる人には、できる限り早く!その悩みを断ち切って欲しいと願っています。

 

自分自身に投資する少しの勇気があれば、あなたも人生を変えることができるんです!

 

ちょっとだけ、これまでのあなたを思い出してみてください。

飲み会やデートのたびに、悩んでいませんでしたか?

 

酒が飲めない体質というだけでつまらない思い、嫌な思い、悔しい思いをしてきませんでしたか?

そして、あきらめていませんでしたか?

 

まだ、あきらめる必要はありませんよ!

「アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意」はこちらをクリック

 

あなたの人生に悔いが残らず、良い方向へ向かうことを切に願っています。

まとめ

一口にお酒の失敗と言ってもその原因は、2つの異なる物質の作用ということがわかりました。

お酒と賢くつきあうためには、アルコールとアセトアルデヒド、これら2つの物質が体におよぼす影響の違いを理解して、対策を立てることが重要。

 

アルコールの吸収を遅らせ、アセトアルデヒドの分解を効果的におこなうために、飲む前の準備と適量を心がけることの重要性をお伝えしました。